HOME > 廃車の買取

廃車について

廃車するとはどういうこと?

①自動車そのものを物理的に解体処理する
②陸運局に登録されている自動車のデータを抹消する
この両方が必要です。
 そして、自動車の最終所有者にはリサイクル法に則った適正処理が求められています。 3Rでは他社に委託せず、 車の解体処理も書類もすべて一括管理し適正に処理をしています。 車両本体からパーツを出来る限り取り出し再利用、 余った部材は素材としてリサイクルします。 お車の状態によっては中古車として再利用する場合もあります。
 また、抹消登録に関しても一時抹消から永久抹消、解体届、重量税還付手続きまで自社で行っています。 3Rでは、面倒な抹消登録、各種税還付の手続きをまとめてお引き受けしていますので、お客様の書類手続きの負担を 大幅に減らすことができます。 もし、お客様が抹消必要書類をお車と一緒に持ち込んでくだされば、お客様の手間は一度で済みます。 お客様がご自身の手続きをされますと、税金や保険料はバラバラに還付されますが、3Rにお任せいただければ還付金などをまとめて事前にお支払させて頂きます。

車を廃車するならリサイクル会社がベスト

リサイクル会社に廃車を依頼すれば、費用かからないどころか、もっとも有利にくるまを売ることができます。
株式会社3R ロゴマーク
 長年乗っている車を、新車や中古車に乗り換えるとき、 「今乗っている車は下取り(買取)出来ない、廃車費用が必要だ」などと 言われた事はありませんでしたか?
 ちょっと下の仕組みをごらんください。 リサイクル会社に廃車を依頼すれば、費用かからないどころか、もっとも有利に車を売ることができます。 新車・中古車販売会社などは、 もちろんビジネスをしているわけですから、各社のマージンを考えて買取り価格を決めます。 直接、リサイクル会社に廃車を依頼すれば、 このマージンが必要ないので、その分買取価格が高くなります。
中間マージンを省いた構造 更に㈱3Rは、あなたの廃車から生産する部品を海外に輸出、海外の日本車ユーザー様の下支えをしています。 また、その収益の一部を日本ユニセフ協会に寄付させて頂いています。
このような高価買取は、廃車・事故車などの買取から、解体・中古部品の国内外への販売、 外車を中心とした部品取り車の提供など自動車リサイクルを 総合的に行っている3Rだからこそ可能なのです。 私たちは、品質管理に万全を期すとともに、ISO14001の取得やユニセフへの寄付を行うなど、 環境面への配慮や社会貢献も心がけています。 3Rは、東京都内、埼玉県内、横浜市内、川崎市内なら、車を引き取りにお伺いします。 廃車買取、事故車買取、書類の手続きもおまかせください。お見積りは無料で行っています。 特に海外では、日本の古い車がまだまだ 現役で 走っていますので日本車の中古部品需要はたいへん大きいのです。 これが部品のリユース。 素材としてリサイクルするより、付加価値が高いのです。 だから、廃車の買取価格も高くできるのです。私たち3Rの合言葉は「"もったいない"が世界を救う」です。
まだまだ使える廃車の部品、もったいないですよね。ぜひ、あなたの愛車を廃車するのは、(株)3Rにお任せください。

廃車の料金

車両本体の買取価格
高額買取
リサイクル料金
2005年1月1日にスタートした「自動車リサイクル法」では、お車を持っている皆さんは、リサイクル料金の支払いが必要になりました。
※2005年1月1日以降に新車を購入された場合、車検を受けられた場合はリサイクル料金は前払い済みです。
これ以降、車検を受けずに廃車する場合は廃車時にリサイクル料金の支払いが必要です。 リサイクル料金に関することは、こちらのサイトを参照下さい。
引取り費用
無料。
関東一都六県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、茨城県、その他地域にお住まいの方もご相談ください。
※ただし、特殊作業、遠距離などの引き取りは、別途、料金が かかる場合があります。
東北道久喜インター近くの当社まで、車を持ち込んでいただければ弊社最寄駅(久喜駅)までお送りいたします。
抹消手続きの費用
無料。
弊社にご依頼いただいた場合の料金です。

廃車の流れ

お見積・ご依頼
見積りのご依頼はお電話、問い合わせフォーム、FAX等でお願いします。また直接お越しいただいても結構です。
〒346-0028 埼玉県久喜市河原井町17番地
TEL:0480-23-1000
FAX:0480-23-1005
営業時間: 8:30-17:30
定休日:日曜・祝日 土曜変則、年末年始・夏期
廃車の見積もり依頼
買取価格の見積り後に必要書類のご案内、引取日時の日程の打合せを致します。
引取りの日程の打合せ 必要書類確認
廃車の引取またはお持ち込み ご予約頂いた日時にご指定の場所に引取りに伺います。 関東一都六県、 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、茨城県、その他地域にお住まいの方もご相談下さい。
事故車、故障車、低年式車、過走行車、トラック、大型車 引取費用無料。但し、特殊作業、遠距離引取などは別途料金がかかる場合があります。
ご自身でお持ち込みいただく場合は費用はかかりません。ご来社の前にご連絡をお願い致します。
お車お預かり
代金のお支払い
お見積り致しました金額と還付金を事前にまとめてお支払い致します。 (お引取りに伺った場合は後日振込になります)。
一時抹消登録
書類を作成し陸運局にて一時抹消をおこないます。 1週間程度で抹消証明書(写し)をお客様ご指定の住所に郵送致します。
抹消登録完了のご報告
解体の届け出
車の解体完了後、解体届を陸運局に提出し手続きはすべて完了となります。

廃車に必要な書類

抹消登録には所有者の書類が必要です。車検証の所有者欄をご確認のうえ必要書類をご用意ください。

お客様がご自身で抹消される場合

普通車
  • 車検証
  • 実印
  • 鑑証明書
    (発行から3ヶ月以内)
  • ナンバープレート
軽自動車
  • 車検証
  • 認印
  • ナンバープレート

3Rに抹消をご依頼された場合

普通車
  • 車検証
  • 実印
  • 鑑証明書
    (発行から3ヶ月以内)
  • ナンバープレート
  • リサイクル券
軽自動車
  • 車検証
  • 認印
  • ナンバープレート
  • リサイクル券
お客様がご自身で抹消される場合

抹消は一時抹消・永久抹消の2通り

抹消登録は一時抹消・永久抹消の2通りがあります。メリット・デメリットを参考にどちらの方法で抹消するか選んでください。
一時抹消の場合
メリット
  • 車輌の解体を待たずにできる。翌月からの自動車税が還付される。軽自動車の自動車税が還付はありません。
  • 戻ってくるお金が多くなる
デメリット
  • 解体完了後、陸運局にもう一度手続きにいかなければならない。
永久抹消の場合
メリット
  • 手続きが1度で済む
デメリット
  • 車輌の解体が条件になるので、手続きが可能な状態になるまで時間がかかってしまうことがある。
  • 還付金が減る(場合がある)

書類を提出する陸運局・軽自動車検査協会

普通車
ナンバープレートの陸運局または現住所管轄の陸運局の どちらでも抹消が可能です。
軽自動車
ナンバープレートの軽自動車検査協会(住所が変わっている場合は現住所管轄の軽自動車検査協会)

住所変更しているとき

住所変更を証明するもの(下記)が追加で必要になります。住所変更している場合は本人確認のために住所変更証明をする必要があります。
証明するのは、車検証~現住所までのつながりです。
  • 変更1回 → 住民票(現住所地)
  • 変更2回 → 住民票(現住所地)住民票の除票 (前住所地)
  • 変更3回~ → 戸籍の附票 または 改製原戸籍の附票 (本籍地)
※本籍地を変更している場合は戸籍の附票を取得しても記載されない場合があります。
⇒前本籍地にて戸籍の附票の除票または改製原戸籍の附票の除票
上記書類を取得しても住所証明が出来ない場合があります。
⇒⇒⇒ 誓約書 + 住民票 + 戸籍の附票

苗字が変わっているとき

”基本の抹消”+苗字が変わったことを証明するもの(下記)
例:結婚により苗字がかわった
”婚姻”と記載のある戸籍謄本(抄本)  ※謄本:全員分 抄本:1人分
普通車の抹消を3Rにご依頼いただいた場合

住所変更をしているとき

住所変更を証明するもの(下記)が追加で必要になります。
住所変更している場合は本人確認のために住所変更証明をする必要があります。
証明するのは、車検証~現住所までのつながりです。
  • 変更1回 → 住民票(現住所地)
  • 変更2回 → 住民票(現住所地)住民票の除票 (前住所地)
  • 変更3回~ → 戸籍の附票 または 改製原戸籍の附票 (本籍地)
※本籍地を変更している場合は戸籍の附票を取得しても記載されない場合があります。
⇒前本籍地にて戸籍の附票の除票 または 改製原戸籍の附票の除票
上記書類を取得しても住所証明が出来ない場合があります。
⇒⇒⇒ 誓約書 + 住民票 + 戸籍の附票

苗字が変わっているとき

苗字が変わったことを証明するもの(下記)が追加で必要になります。
例:結婚により苗字がかわった
”婚姻”と記載のある戸籍謄本(抄本)  ※謄本:全員分 抄本:1人分

所有者がディーラーまたは信販会社

所有者であるディーラーまたは信販会社に抹消書類をもらう申請をします。(所有権解除)
残債がある場合はできません。→「抹消できないとき」
  • 車検証コピー
  • 委任状
  • ※自動車税納税証明書
  • ※完済証明書(信販会社からもらう)
(※必要な場合とそうでない場合あり)
車検証の使用者の書類(上記)をディーラーまたは信販会社に提出します。

所有者が海外に住んでいるとき

海外に転出すると印鑑証明書がとれないため、それの代わりになるものを用意する
  • 海外に転出したことがわかる住民票の除票
    直前まで住んでいた日本の住所地の役所で取得
  • 署名 (サイン) 証明
    本人の署名及びぼ印であることを証明するもの
    現地の日本領事館で取得(発行から 3ヶ月以内)
  • 在留証明(国外に在留(居住)する日本人が外国のどこに住所を有しているかを証明するもの)
    現地の日本領事館で取得(発行から3ヶ月以内)
  • 委任状(拇印を押す)
  • 譲渡証明書(拇印を押す)
  • 車検証
  • ナンバープレート
  • リサイクル券

事業用のナンバーが付いているとき(緑ナンバーに白字)

事業用自動車等連絡書が追加で必要になります。
事業用自動車等連絡書の取得方法
都道府県に各1箇所ある陸運局内の輸送課に申請をする(郵送可) 確認印が押された事業用自動車等連絡書が戻ってきます。(期限:提出してから1ヶ月)

所有者が亡くなっているとき

①相続人の名義に変更して抹消
一度相続人の名義に変更してから通常通り3Rに移転抹消します。
      ↓
相続人とは
遺産(ここでは自動車)を相続する方。親族なら誰でも相続する権利がある訳ではありません。優先順位が定められています。 ただし配偶者は順位とは関係なく相続する権利があります。優先順位は第3順位まで以下のようになっています。
 第1順位 子供(子供がいないときは孫、孫もいないときはひ孫・・・代襲は無限です。)
 第2順位 父母(父母がいないときは祖父母)
 第3順位 兄弟姉妹(兄弟姉妹がいないときはおい、めい)
A.相続権利者が複数いる場合
  • 遺産分割協議書(相続権利者全員の署名、実印押印)
  • 相続人の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
  • 戸籍謄本(除籍謄本)
    1. 死亡によって除籍したこと
    2. 亡くなった方と.相続権利者との続柄が記載されているもの
B.相続権利者がひとりしかいない場合
相続権利者がひとりしかいない場合は協議する必要はありません。相続人となります。
  • 相続人の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
  • 戸籍謄本(除籍謄本)
    1. 死亡によって除籍したこと
    2. 亡くなった方と.相続人との続柄
    3. 相続人がひとりしか(順位が上の相続権利者が)いないこと が記載されているもの
②名義を変えずに抹消
亡くなったかたのまま名義を変えずに抹消することもできます。ただし弊社で通常おこなっている一時抹消が出来ず、永久抹消のみとなります。
  • 相続権利者のなかのどなたかおひとりの印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
  • 戸籍謄本(除籍謄本)
    1. 死亡によって除籍したこと
    2. 亡くなった方と印鑑証明をだしていただく方との続柄 が記載されているもの

所有者が未成年のとき

  • 同意書
  • 戸籍謄本 親権者が確認できるもの
  • 親権者のうち1名の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
同意書とは、未成年者(20歳未満)が法律行為を行うことに対し、その未成年者の親権者、または未成年後見人(親権者がいない場合)が 同意したことを証明する書面です。民法によって、未成年者が法律行為(自動車の売買等)を行うには、親権者や未成年後見人の 同意が必要と定められている為、この同意書の提出が必要となります。

車検証がないとき

紛失理由書が追加で必要になります。

ナンバープレートがない(2枚そろわない)とき

遺失物として警察署に届出をし、受理番号をもらう必要があります 紛失理由書が追加で必要になります。

盗難にあった車が見つかったとき

警察署に盗難届を届け出ている場合は届出を取り下げてもらう必要があります。
(盗難届が出たままだと弊社が通常おこなっている抹消が出来ません。) 必要書類は通常と同じです。

抹消できないとき

ローンの残債がまだ残っていたり、書類集めに時間がかかってしまう場合、抹消をせずに自動車税の課税をストップさせることが出来ます。
弊社で発行する解体証明を管轄の自動車税事務所に提出すると解体した月以降の課税が止まります。
軽自動車の抹消を3Rにご依頼いただいた場合

住所変更をしているとき

必要書類は通常と同じです。

苗字が変わっているとき

必要書類は通常と同じです。

所有者がディーラーまたは信販会社

所有者であるディーラーまたは信販会社に抹消書類をもらう申請をします。(所有権解除)
残債がある場合はできません。→「抹消できない」
オーソドックスなパターンでは
  • 車検証コピー
  • 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
  • 委任状
  • ※自動車税納税証明書
  • ※完済証明書(信販会社からもらう)
(※必要な場合とそうでない場合あり)

所有者が海外に住んでいるとき

必要書類は通常と同じです。

事業用のナンバーが付いているとき(黒ナンバーに黄色字)

事業用自動車等連絡書が追加で必要になります。
事業用自動車等連絡書の取得方法は、都道府県に各1箇所ある陸運局内の輸送課(軽自動車検査協会ではありません。)に申請をする(郵送可)
  • 貨物軽自動車運送事業経営変更等届出書
  • 事業用自動車等連絡書
確認印が押された事業用自動車等連絡書が戻ってきます。(期限:提出してから1ヶ月)

所有者が亡くなっているとき

必要書類は通常と同じです。

所有者が未成年のとき

必要書類は通常と同じです。

一時抹消がすでに終わっているとき

一時抹消をした場合、廃車の解体が終わった後に解体届というものを必ず提出しなければなりません。 一時抹消はすでに済んでいるが、平日なかなか陸運局に行けないという方のために解体届のみも承っています。
  • 自動車検査証返納証明書(譲渡印押印)
  • リサイクル券

車検証がないとき

ナンバープレートの軽自動車検査協会で車検証の再交付を行います。

ナンバープレートがない(2枚そろわない)とき

車両番号標未処分理由書(届出をした警察所名、年月日、受理番号、発見されたときは返納する旨を記入し、使用者の認印を押印)

盗難にあった車が見つかったとき

警察署へとは別に軽自動車検査協会にも盗難届を届け出ている場合は、届出を取り下げてもらう必要があります。
必要書類は通常と同じです。

抹消できないとき

課税されている市町村に相談
例:久喜市・・・解体証明を提出すれば税金をストップさせられます。ただし本人が申請する必要があります。
来年度からの課税が止まります。今年度の還付はありません。

各種還付金

車検が残っている状態で廃車にすると残存期間に応じて税金が還付されます。

自動車重量税

支払い時期
車検時
戻る条件
車検満了日が1ヶ月以上残っている。
戻る時期
解体届を出してから2ヶ月後

自動車税

支払い時期
毎年5月ごろ
戻る条件
今年度分を支払い済みで4月~翌年2月に抹消をする
戻る時期
抹消をしてから2~3ヶ月後

自賠責保険料

支払い時期
車検時
戻る条件
保険期間が1ヶ月以上残っている
戻る時期
解約してから1週間~10日

リサイクル料金

支払い時期
車購入時または廃車時
戻る条件
中古車として転売したとき
戻る時期
中古車として転売したとき

重量税還付額一覧

重量税還付額一覧表

※車両により重量税額・期間等異なる場合もございますのでお気軽にお問い合わせください
普通自動車(乗用 自家用)
フィット・マーチなど 車両重量1,000kg以下
フィット・マーチなど 車両重量1,000kg以下
中型クラス ステップワゴン・カローラなど
1,000~1,500kg以下 中型クラス ステップワゴン・カローラなど
大型クラス オデッセイ・エスティマなど
1,500~2,000kg以下 大型クラス オデッセイ・エスティマなど
軽自動車
ワゴンR・ライフなど 一律 軽自動車ワゴンR・ライフなど 一律
※上記以外にも
◇乗用 事業用
◇貨物 自家用
◇納付時に免税・減税を受けている等により重量税額は異なります。

重量税とは

自動車用の重量に応じて課される国税。 自動車の新規登録や車検、使用の届出に際し、陸運局や軽自動車検査協会へ納付します。 重量に比例して金額が高くなります。 車検証の重量税記載場所

自動車税還付額一覧

自動車税還付額一覧表

自動車還付額一覧表 抹消してから2~3カ月で通知書が届きますので郵便局・銀行等で現金と引き換えてください。
普通自動車(乗用 自家用)
普通自動車(乗用 自家用)還付額一覧表
軽自動車
軽自動車(乗用 自家用)還付額一覧表
※上記以外にも営業用車(緑ナンバー・黒ナンバー)等、自動車税額が異なる場合があります。
※グリーン化税制適用車は割引・割増があります。

自動車税とは・・

自動車税は都道府県から課される税金です。 4月1日時点での所有者に、翌年の3月31日までの期間の自動車税が課されます。
☆年度の途中で自動車の抹消登録手続きをした場合には、すでに納付済みの自動車税が 翌月からの換算で月割還付されます。(軽自動車は還付制度はありません)
車検証の排気量記載場所

自賠責保険還付額一覧

自賠責保険還付額一覧表

H23.4.1以降 保険期間24ヶ月 H23.4.1以降 保険期間24ヶ月
H25.4.1以降 保険期間24ヶ月 H25.4.1以降 保険期間24ヶ月

自賠責保険とは

自動車の人身事故による被害者に支払う損害賠償費を填補(てんぽ)する目的の保険。自動車の保有者は加入しなければならない。
自賠責保険

廃車買取査定例

年式
平成12年(2000年)
メーカー・車種
トヨタ・デュエット
型式
TA-M111A
走行距離
不明
平成26年5月に抹消
平成27年7月まで車検有り
引取先住所:佐野市 引取りサービス
抹消手続き サービス
車両本体価格
14,000円
重量税還付金
11,666円
自賠責返戻金
14,420円
合計買取金額
40,086円
廃車買取したトヨタ・デュエット 廃車買取したトヨタ・デュエット

年式
平成16年(2004年)
メーカー・車種
トヨタ・プラッツ
型式
CBA-SCP11
走行距離
153,802km
平成26年6月に抹消
平成28年2月まで車検有り
引取先住所:成田市 引取りサービス
抹消手続き サービス
車両本体価格
11,000円
重量税還付金
16,666円
自賠責返戻金
19,310円
合計買取金額
46,976円
廃車買取したトヨタ・プラッツ 廃車買取したトヨタ・プラッツ

よくある質問

Q. 車検証をなくしてしまいましたが廃車はできますか?
A. 事前に伝えていただければ大丈夫です。
Q. 思い出の車なので記念にナンバープレートがほしいのですが・・・
A. ナンバープレートは必ず陸運局に返納しなければなりません。
Q. 3年前に一時抹消登録をした書類がそのままにしてるのですが
A. 解体の届出をする必要があります。廃車引取完了報告。と理事に抹消証明書と実印をご確認くだされば弊社でも手続き可能です。
Q. 事故車でも買い取ってくれますか?
A. はい。事故車・不動車・故障車OK!
Q. 車検が切れてしまったのですが引き取ってもらえますか?
A. ご自宅までお引取りに伺います。
Q. ナビやETCを返してほしいのですが
A. お返しできます。
Q. カギを無くした車でも引き取ってもらえますか?
A. 事前にお伝えいただければ大丈夫です。
Q. 撤去が困難な不動車ですが料金はそのままですか?
A. 特殊な作業が必要な場合は別途料金がかかる場合があります。
Q. 車検証に記載してある住所と、現在の住所が異なるのですが抹消はできますか?
A. 大丈夫です。本人確認のために住所変更をしたことが分かる書類をご用意いただきます。
詳しくは→ 住所が変わっているとき
Q. 所有者が信販会社、ディーラーになっている場合は廃車できますか?
A. できます。”所有権解除”を弊社でも代わりにしています。
詳しくは→ 所有者がディーラーまたは信販会社
Q. 自動車税を一部、未納ですが廃車できますか?
A. 未納分はお支払いが必要です。
Q. 所有者ではないのですが、廃車はできますか?
A. 所有者の抹消書類をお持ちいただければ大丈夫です
Q. 解体証明書は発行してもらえますか?
A. はい。発行いたします
Q. 他県ナンバーの車を今の住所の近くの陸運局で廃車できますか?
A. はい。できます 。 現住所管轄の陸運局または軽自動車検査協会で抹消可能です。

廃車書類ダウンロード

個人情報保護に向けての取り組み

私たち、3Rが、廃車を物理的に解体・リサイクルするだけでなく、その最終所有者様、または、引取業者様から依頼を受けて、 廃車の事務手続きサービスを提供させていただいております。 この事務手続きを進めるために、このHPの「廃車買取」コーナーの「廃車に必要な書類」でご説明しておりますように 、私たちは車検証、印鑑証明といった個人情報を含んだ書類を お預かりいたします。 このような書類を紛失させないこと、登録抹消手続きに関係しない第三者に漏洩させないことは、私たちの責務です。万に一つもあってはならないことです。 そこで、私たち、3Rは2008年10月に、会社として「プライバシー・ポリシー(個人情報保護方針)」を定めました。このポリシーを社員に徹底させるため、 定期的に社員研修を開催しています。その研修の様子をご覧ください。
私たちは、毎年3,000件以上の廃車の登録抹消手続きを自社で行っています。今まで、書類の紛失・漏洩でお客様にご迷惑をかけたことは一度もありません。

営業日カレンダー

営業時間 8:00~17:30
Calendar Loading
赤文字が定休日です。
TOP↑